医学部合格への道

医学部に編入すると何が変わる?

医学部に編入すると何が変わる? 医学部に編入すると何が変わるかについてお話しします。
まず、試験が毎日のようにあります。
このため、高校の時に医学部受験していない人が中途半端な気持ちで編入すると地獄を見ます。
編入した人があまりに世界が変わってしまったとして入って早々メンタルがやられてしまう学生が非常に多いです。
試験状況が変わるだけでなく、周りのレベルも格段に上がります。
このため、自分がそれに見合うほどの学力が備わっていないまま編入してしまった場合、毎日劣等感にさいなまれます。
医者になったら毎日が責任を負う日々の連続ですので、このような事で弱音を吐いていてはいけないのですが、学生にとっては医学部の大学生活が全てですので、なかなか自分の人生を客観的に見ることが難しいです。
逆に客観的にみられる人はたとえ学力が無くてもどうしたらみんなに追いつくことが出来るかという事に思考を変えていくことが出来るので、そういったポジティブさも必要になります。

医学部編入への挑戦

医学部編入へ挑戦する社会人が近年増えています。
そのような人たちの多くは、社会人になってから何らかの理由で医師という職業に興味を持つようになり、そして、医師を目指すようになったというような共通点があります。
子供時代や学生時代には医師になることを眼中に入れていなかったような人たちでも、医師になろうという挑戦をする方が多いようです。
実際に医師になるためには、医学部受験、そしてその痕の学生生活、その生活を支えるための費用、医師国家試験と、越えなければならないハードルは多く、受験をするだけではその難関は終わりません。
しかし、それを一つずつ超えていこうとする人が増えているということです。
文系を専攻していた人でもそのような挑戦をする方はいます。
もちろん、受験の際には生物系の理科系学部1~2年くらいの現代生物学の知識が必要になるので、ゼロから始める際には少なくとも1~2年の勉強が必要となります。
簡単なことではありませんが、ゼロから始めた人にも合格者は多数いるので、挑戦を続けることが大切です。