医学部合格への道

医学部とセンター試験について

医学部とセンター試験について 医学部では、センター試験で9割、つまり90パーセントもの合格の点数を出さないと、国立大学によっては、次の試験を受験させてもらえません。
これは、それほど医学部がとても難しい学部であると同時に、センター試験でも、このようにとても難しい、難関な学部とされていること、そしてこれだけの勉強の点数がとれなければ、到底、医学部に入学することができたとしても、授業にはついていけない、このようなことを意味しています。
実際、医学部にめでたく入学できた人の中にも、このような授業内容のむずかしさに、ついていくことができずに、留年をしてしまう人は、けっして少なくありません。
このようなことから、このようにセンター試験で9割ほどを試験で点数をとれないと、国立大学などの場合には、次の二次試験などに進むことができない、このようになっているのです。
そのため、まずはセンター試験を突破することがとても大切であり、試験科目を必死で勉強します。

医学部を受ける時は滑り止めを用意する

医学部を受験する時は念のために滑り止めを用意しましょう。
滑り止めにする医学部は、本命にくらべて入りやすいところが好ましいです。
入りやすい大学とは、受験の科目が少ない私立の大学のことです。
国公立の医学部は全教科の試験を受けなければなりません。
さらにその全教科で最低でも9割前後の点数を取らないといけないので、難易度が高くなります。
私立の大学で科目数が多いところがありますが、文系の科目をすべて受験する必要のない大学もあります。
そういった大学が滑り止めとしてお勧めです。
医学部を受ける人だったら、理系の科目ではある程度の点数を取れるでしょう。
それほど時間をかけて勉強しなくても、本番の試験で良い点数を取れる可能性が高いです。
私立の大学の場合は文系の受験科目が少ないところがあるので、そのような学校が狙い目になります。
科目数が少ない大学だったら、準備をする時間が減ります。
減った分を自分の本命の大学の苦手な科目の準備に充てるようにします。